ネキシウムとタケキャブの比較・併用の可否

ネキシウムとタケキャブの違い・比較

 

タケキャブ(成分名はボノブラザン)は2015年に発売された新薬です。ネキシウムと同じく、PPI(プロトンポンプ阻害薬)というジャンルに入っており、効果が期待されています。

 

ネキシウムと同じPPIということで、どっちが優れているのか気になる人もいるはず。ここでは、ネキシウムとタケキャブの違いを見ていきます。

 

ネキシウムとタケキャブの効果や適応の差を見る

 

ネキシウムはPPIなので、「プロトンポンプ」を阻害して胃酸を少なくすることができます。しかし、血中濃度がある程度維持されていないと、プロトンポンプ阻害作用が発揮されないというデメリットがあります。しかも、ネキシウムの有効成分「エソメプラゾール」は胃酸で活性化されないと効果を発揮しないという特徴があって、活性化の時間だけ効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

 

その点、タケキャブはいろいろな改良がくわえられています。主要成分のボノブラザンは胃酸による活性化がいらないため、直接すぐにプロトンポンプを阻害できます。そのため、効果がすぐ出ますし、血中濃度がある程度薄くても効果を維持できるというメリットがあります。データによって、個人差がまあり出ないということもわかっています。

 

このように、同じPPIでも、ネキシウムとタケキャブでは作用機序が若干違います。

 

  1. 逆流性食道炎
  2. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  3. ピロリ菌
  4. 機能性ディスペプシア

 

など

 

ただ、プロトンポンプ阻害と言う意味では同じなので、↑のような症状に効果がある点は変わりません。

 

メリット・デメリットや薬価を比較する

 

ネキシウムとタケキャブの違いをわかりやすくするために、メリット・デメリットをまとめてみました。

 

  ネキシウム タケキャブ
効果の強さ ★★★★ ★★★★★
効果が出るまでの時間 ★★★ ★★★★
個人差 ★★★ ★★★★
薬価 ★★★★★ ★★★

 

↑の表にある通り、効果や個人差に関しては新薬となるタケキャブの方が上です。

 

一方、薬価に関してはネキシウムの方がグッと安くなっています。

 

医薬品名 薬価
ネキシウム 10mg 83.40
ネキシウム 20mg 145.10
タケキャブ 10mg 160.10
タケキャブ 20mg 240.20

 

タケキャブは新薬で効果も高いので、価格面もまだまだ高価となっています。コスト面を見れば、ネキシウムの方に軍配が上がるでしょう。

 

ネキシウムとタケキャブの使い分け

 

ネキシウムとタケキャブの違いは説明した通りです。そこで気になるのが「使い分け」についてです。もちろん、実際には医師の診察次第とはなりますが、今どんな使い分けがされることが多いかを解説します。

 

まず最初に、現状では逆流性食道炎、胃潰瘍などで診察を受けると、タケキャブが処方されることが多いです。新薬で個人差が出にくく、効果も見込めるからです。ネキシウムを利用した場合、もし効果が弱かった場合に別の医薬品に変更する時間がかかってしまいます。

 

ただ、タケキャブの保険適用は「8週間」と定められているので、だんだん効果の弱い医薬品に切り替えていくことで長期の対応をします。

 

タケキャブ→ネキシウム→タケプロン→ガスター

 

というような形で、じょじょに効果の弱い医薬品に切り替えていくことになります。

 

ちなみに、タケキャブはまだ発売されたばかりの新薬なので、個人輸入での入手は難しい状況です。なので、タケキャブを使用したいなら医師の診察を受けましょう。