ネキシウム服用によって脱毛や抜け毛が起こる?

ネキシウムを服用すると抜け毛や脱毛が起こる?

 

ネキシウムの服用に限ったことではありませんが、医薬品を服用することで「抜け毛や脱毛」の症状があらわれるのかは気になるところです。ネキシウムを服用している期間に、抜け毛が起こると「ネキシウムが原因か?」と思ってしまう人もいるでしょう。

 

こちらでは、ネキシウムの服用と「抜け毛や脱毛」の関係について説明していきます。

 

ネキシウムの副作用での「脱毛」について

 

まず言っておかなければいけないことは、ネキシウムの副作用で「抜け毛や脱毛」はあるということです。

 

抜け毛・脱毛 頻度不明

参考ページ:ネキシウム添付文書

 

ネキシウムの添付文章に記載されている副作用の項目に「脱毛」と明記されています。しかしながら、脱毛の確率は、「頻度不明」と記されていますので、大多数の人は脱毛の症状はあらわれません。ネキシウムを服用することであらわれる副作用で、抜け毛や脱毛がみられるのは、非常にまれなケースといえるでしょう。

 

ネキシウムが間接的な原因となって起こる抜け毛や脱毛

 

ネキシウムの副作用として抜け毛や脱毛がみられるのは、「頻度不明」と書かれているほど低い確率です。それよりも問題となるのは、間接的な原因にネキシウムの作用がなることで起こる抜け毛です。

 

発疹や湿疹などが原因となる抜け毛

 

こちらの確率も低いのですが、ネキシウムの副作用として発疹などの皮膚症状がでることがあり、この皮膚症状の影響で、抜け毛や脱毛が起こる可能性があります。しかしながら、ネキシウムの副作用として発疹などの皮膚症状があらわれる確率は、1パーセント未満とされています。まして、発疹が頭皮にあらわれて抜け毛が起こる確率は、さらに低いと考えられますので、頻繁にあらわれる症状ではありません。

 

過敏症が原因となる抜け毛

 

ネキシウムに限らず、多くの医薬品は、「過敏症」のリスクがついてきます。医薬品がたまたま体に合わなかったために、過敏症になってしまうのです。そして、あらわれた過敏症が、「光線過敏症」の場合があります。光線過敏症であれば、皮膚が部屋の明かりや太陽の光に反応してしまい、湿疹がでたり皮膚がただれたりすることがあります。

 

一般的な抗生物質でも光線過敏症になることがありますので、ネキシウムだけリスクが高いわけではありません。根本的な原因は分かっていませんが、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層で光線過敏症になる可能性があります。しかしながら、発症確率は、非常に低いといわれています。

 

ビタミン不足が原因となる抜け毛

 

脱毛原因として一番注意しないといけない点は「ビタミン不足」です。ネキシウムの特徴として、ビタミンが不足しやすいということがあります。特にビタミンB12が不足しやすいといわれています。通常、胃酸によって動物性タンパク質が分解されることで、ビタミンB12は生成されています。しかしながら、プロトンポンプ阻害薬であるネキシウムは、胃酸の分泌量を抑えます。その結果として、ビタミンB12の不足につながるのです。

 

そして、ビタミンB12は、髪の毛の成長に関わる栄養素のひとつです。ネキシウムを服用することで、ビタミンB12が不足すると、髪の毛が通常とおりに成長しなくて、抜け毛が増えるということは十分に考えられます。

 

しかしながら、どのような原因であれ、起こる確率は、とても低いので、すべての確率を合わせたとしても、発症する確率は低いのです。ネキシウムを服用してから、脱毛が圧倒的に増えたのであれば、ネキシウムの影響を考える必要はありますが、なんとなくネキシウムを服用が原因かもという程度であれば、他に原因がないか考えてみましょう。抜け毛や脱毛の原因となるのは、「ストレス」「シャンプーが合っていない」「乱れた生活習慣や食生活」「ネキシウム以外の医薬品の副作用があらわれている」「甲状腺機能が低下している」「老化」などさまざまあります。

 

どうしても気になるのであれば、AGAクリニックや皮膚科を受診し、専門医に診察をしてもらうことをおすすめします。