ネキシウムの「太る」「リバウンド」は大丈夫?

ネキシウムを服用すると太る?リバウンドは大丈夫?

 

「ネキシウムを服用することが原因で太ってしまうのでは?」と思っている人もいるようです。そして、リバウンドに関しても気になる人がいるようですから、こちらで説明していきます。

 

ネキシウムを服用しても太らない

 

ネキシウムを服用することが体重増加につながるのかという疑問に対しての答えは、「基本的には体重増加にネキシウムの服用は関係がない」となります。

 

たしかに、太りやすくなる可能性がある胃薬が一部あります。しかしながら、それは、胃もたれの解消などに有効といわれている「消化補助」が目的である胃薬です。消化が活発になるので、胃の中にある食べ物の吸収が促進され、胃がもたれにくくなります。ですから、食べすぎてしまうことが増えてしまい、その結果として太ることがあるのです。

 

しかしながら、ネキシウムは胃酸の分泌を抑える医薬品なので、消化補助が目的の胃薬とは作用が異なります。ですから、ネキシウムを服用しても消化を促進する効果はあらわれないので、食べすぎてしまうことはないでしょう。

 

「胃薬を服用していると太ってしまった」といった話が広がり、「胃薬」のひとつと思われているネキシウムを服用すると太るとの間違った認識が広がったようです。

 

ネキシウムを服用するとリバウンドする?

 

「ネキシウムのリバウンド」といっても、こちらは体重に関する話ではありません。先程説明したように、ネキシウムを服用したからといって体重が増える事実はありません。

 

では、「リバウンド」とは、なにがリバウンドするのでしょう。これは「胃酸のリバウンド」です。「ネキシウムの服用をやめると、胃酸の分泌量が以前に比べて増えてしまう」ことをあらわしています。プロトンポンプを阻害することで胃酸の分泌量を抑えていますが、プロトンポンプを阻害する作用がなくなったときに、胃酸の分泌量が戻ったり、以前よりも胃酸の分泌量が増えたりすることがあります。

 

原則として、ネキシウムは8週間の処方ですので、8週間経過しても胃酸の分泌が収まらなければ、ガスターなどの他の医薬品に変更することが多いといわれています。そして、少しずつ弱い効果の医薬品へ変更しながら、胃酸の状態を制御していきます。これで、胃酸が一気にリバウンドしてしまわないように調整を行っているのです。

 

または、症状が改善するまでネキシウムの服用を継続する場合もあります。逆流性食道炎については、8週間経過後も、状況に応じてネキシウムの服用を継続することができますので、数年間にわたりネキシウムの服用を続けている人もいます。

 

どちらにしても、ネキシウムの服用を突然中止すると、胃酸のリバウンドが起こるリスクが高くなりますので、なんらかの対策を施し、胃酸の分泌量を制御する必要があります。