ネキシウムの併用禁忌・注意や飲み合わせについて

ネキシウムの通販や効果・服用方法について解説

 

たいていの医薬品は「併用禁忌」「併用注意」の医薬品があったりします。ネキシウムも同様で、いくつかの禁忌・注意薬があったりします。

 

また、普段自分が服用している薬と、ネキシウムの飲み合わせが気になる人もいるでしょう。

 

ここでは、ネキシウムの併用禁忌・注意薬や、よく利用されている医薬品との併用について解説します。

 

目次

 

ネキシウムの併用禁忌薬とは

 

ネキシウムには、併用してはいけない(併用禁忌)の医薬品が2つあります。

 

一部の抗HIV治療薬

 

  1. アタザナビル硫酸塩(医薬品名:レイアタッツ)
  2. リルピビリン塩酸塩(医薬品名:エジュラント)

 

↑の抗HIV治療薬については、ネキシウムと併用禁忌となっています。もし併用すると、ネキシウムのプロトンポンプ抑制作用によって胃酸が減少するため、HIV治療薬が胃の中で吸収されにくくなり、効果が減少することがわかっています。

 

ネキシウムの併用注意の医薬品は?

 

ネキシウムの併用禁忌薬については紹介しましたが、他にも併用「注意」となる状況、医薬品があります。「注意」なので絶対NGではないのですが、条件に引っかかる場合はネキシウムの服用は注意する必要があります。

 

まずネキシウムの服用が「注意」となるシチューエーションは以下の通りです。

 

  1. なんらかの薬物過敏症にかかったことがある人
  2. 肝障害のある人
  3. 高齢者

 

これらの条件にあてはまる場合は慎重投与が必要となるので、自己判断せずに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

次に、ネキシウムと併用注意となる医薬品です。

 

薬剤名など 何の症状に利用されるか 併用のデメリット
ジアゼパム(セルシン)、フェニトイン(アレビアチン)、シロスタゾール(プレタール) 抗不安薬、抗癇癪薬、慢性動脈閉塞症治療薬 ネキシウムはCYP2C19という酵素で代謝されるが、併用医薬品は同じ酵素で代謝されるため、お互いの代謝が遅くなり作用が増強されるおそれがある。
ワルファリン(ワーファリン) 抗凝固薬 ネキシウムはCYP2C19という酵素で代謝されるが、併用医薬品は同じ酵素で代謝されるため、お互いの代謝が遅くなり作用が増強されるおそれがある。
タクロリムス水和物 内蔵移植の拒絶反応抑制 機序は不明だが、タクロリムス水和物の血中濃度が上昇するおそれがある。
ジゴキシン(ジゴシン) 心不全治療 ネキシウムの作用で胃酸が抑制されると、ジゴキシンの分解が抑えられ、血中濃度が上がりやすくなる。
イトラコナゾール(イトリゾール) 抗真菌薬 ネキシウムの作用で胃酸が抑制されると、ジゴキシンの吸収が抑えられ、血中濃度が下がりやすくなる。
チロシンキナーゼ阻害剤 抗がん剤 ネキシウムの作用で胃酸が抑制されると、ジゴキシンの吸収が抑えられ、血中濃度が下がりやすくなる。
ボリコナゾール(ブイフェンド) 抗真菌薬 CYP2C19が阻害され、ネキシウムの血中濃度が上がるおそれがある。
ネルフィナビル(ビラセプト) 抗結核治療薬 機序は不明だが、タクロリムス水和物の血中濃度が下がるおそれがある。
サキナビルメシル酸塩(インビラーゼ) 抗結核治療薬 機序は不明だが、タクロリムス水和物の血中濃度が上昇するおそれがある。
メトトレキサート(リウマトレックス) 抗リウマチ薬 機序は不明だが、タクロリムス水和物の血中濃度が上昇するおそれがある。

 

上記の中で注意したいのが「ワーファリン」です。ワーファリンは併用注意薬が多く、食べ物でも「納豆」が禁忌になるなど、よく飲み合わせで問題になる医薬品です。ネキシウムも例外ではなく、併用注意に指定されているので、ワーファリンを服用している場合はネキシウムの服用は慎重に行う必要があります。

 

ネキシウムとこの医薬品は併用しても大丈夫?

 

ネキシウムと併用注意・禁忌となっている医薬品を紹介しましたが、「紹介されていた医薬品を服用していません」という人は多いでしょう。こちらでは、ネキシウムと同じような効果がある医薬品や多くの人が服用している医薬品について、ネキシウムと併用しても大丈夫なのかを説明していきます。

 

ガスターやアシノンとの併用は?

 

「H2ブロッカー」と呼ばれている、ガスター(ファモチジン:成分名)は、胃壁細胞が持つ胃酸分泌システムにある「H2受容体」を阻害し胃酸の分泌を抑制する効果があります。

 

しかしながら、胃酸が分泌されるメカニズムを考慮すると、ネキシウムとガスターを併用することは、あまり意味があるようには思えません。どうしてかと言えば、胃酸が分泌されるのは、

 

ヒスタミン → H2受容体 → プロトンポンプ

 

という流れがあるからです。ガスターを服用すればH2受容体の部分が阻害されますので、プロトンポンプの量は減少します。ですが、プロトンポンプの働きはH2受容体だけで決まるわけではありません。ガストリンやアセチルコリンなどの仕組みも関係し増えます。

 

ですから、ネキシウムを服用する方が、胃酸分泌抑制作用では高い効果を得ることができますので、ガスターは限定的な効果しか得られないと考えられています。仮にネキシウムとガスターを併用したとしても、結局のところプロトンポンプをネキシウムが阻害しますので、ガスターを服用する意味がほとんどないと言わざるを得ません。

 

さらに、ネキシウムとガスターを併用することは、保険規約的に想定外の事象のため、併用したいと考えても、保険が適用されません。

 

これらのことを考え合わせると、ネキシウムとガスターを併用することはおすすめできないのです。一般的な流れとしては、ガスターを服用して胃潰瘍などの症状が改善するのであれば、ガスターの服用を継続し、症状の改善が見られないようであれば、ネキシウムの服用に変更します。

 

タケプロン、パリエット、オメプラールとの併用は?

 

タケプロンやパリエットは、成分に違いはありますが、ネキシウムと同じプロトンポンプ阻害薬です。ですから、作用機序に違いはありません。

 

ネキシウムとパリエットやタケプロンを併用しても特に問題は起きないといわれていますが、同じ作用の薬を併用する意味はないでしょう。ですから、ネキシウムかパリエットのどちらかを服用して、あまり効果があらわれない場合や副作用があらわれた場合などは、もう一方の薬に変更するといった流れで服用してください。

 

一般的に、パリエット、タケプロンに比べて、ネキシウムを服用する方が効果を実感している人が多いといわれています。ですから、タケプロンやパリエットを服用していて、あまり効果に満足していないのであれば服用を中止し、ネキシウムを服用してはいかがでしょうか。

 

レバミピド(ムコスタ)との併用は?

 

ネキシウムとレバミピド(ムコスタ)を併用することで、副作用などに関してあまり問題はないといわれています。

 

しかしながら、ネキシウムと比較するとムコスタの効果はかなり弱いので、併用する意味はほとんどないといえるでしょう。仮に、逆流性食道炎や胃潰瘍などの治療のために、服用するのであれば、ネキシウムのみで大丈夫です。

 

もしくは、ロキソニンなどを服用し、「胃潰瘍の予防をしたい」と考えているのであれば、弱い効果で副作用が少ないムコスタを服用するのがよいでしょう。

 

バイアスピリン(アスピリン錠)やロキソニン、ボルタレンとの併用は?

 

バイアスピリンは、アスピリンのジェネリックですから、「アスピリン」とほぼ同一です。
NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれている医薬品のひとつで、鎮痛効果などが期待できます。知名度の高い市販薬である「バファリン」の成分がアスピリンです。

 

NSAIDsで、市販されている薬は、ロキソニンやボルタレン、インドメタシン、バファリン、イブプロフェンなどがあります。

 

結論としては、バイアスピリンを含むNSAIDsとネキシウムを併用しても特に問題が起きることはありません。医療機関で、どちらの薬も同時に処方されることもあります。

 

さらに言えば、アスピリンとネキシウムが配合されている医薬品「タケルダ配合錠」が販売されていますので、併用に関しては、あまり気にする必要はないでしょう。

 

その他の胃薬との併用は?

 

ネキシウムとその他のPPI(タケプロン、パリエットなど)の併用は無意味ですし、ガスターとの併用もそれほど効果は見込めないことは解説した通りです。それでは、その他の胃薬はどうなのでしょうか?

 

胃薬と一口にいっても、いろいろな種類があります。「胃酸抑制」「胃を活発にする」「胃の粘膜を保護する」など、役割の応じてさまざまなジャンルに分かれています。なので、ネキシウムとの相性については、相手のジャンルによって変わってくるのです。

 

ここでは、代表的な胃薬をいくつか列挙して、ネキシウムとの飲み合わせを見てみます。

 

薬品名

相性

解説

ブスコバン

★★

胃けいれんを抑える作用がある。市販薬の場合はマグネシウムが入っていることがあり、あまり併用はおすすめできない。マグネシウムがないタイプであれば、胃けいれんがある際は併用可。

エクセラーゼ

★★

消化酵素配合薬。主に食べ過ぎのときに飲んで消化を促す薬なので、ネキシウムと併用しても無意味。

ガスモチン

★★

胃腸の動きを活発にする薬。こちらも食べ過ぎのときに飲むことが多く、ネキシウムと併用しても無意味。

マグミット

酸化マグネシウム。胃酸を抑える役割があるので、ネキシウムを服用中は特に飲む必要はない。

 

以上のように、実はネキシウムと相性のいい胃薬と言うのはほとんどありません。もし胃潰瘍や逆流性食道炎の治療のためにネキシウムを服用しているなら、他の胃薬との併用はあまり考えなくてよいでしょう。

 

アレグラやザイザルなどの花粉症治療薬との併用

 

もはや日本人と切っても切り離せない「花粉症」ですが、治療薬としてアレグラやザイザルが使用されています。春になると数多くの人が使用する医薬品なので、「ネキシウムとの併用はOKかな」と心配になる人もいるでしょう。

 

もともと、抗アレルギー薬のアレグラやザイザルは併用注意がほとんどありません。一部の抗生物質や中枢神経薬が該当するくらいです。

 

なので、ネキシウムとアレグラ、ザイザルを併用しても、問題はありません。

 

デパスやマイスリーなどの抗不安薬・睡眠薬との併用

 

精神的に不安を抱えている人も、増えてきています。また、不眠症を抱えていたりすると、睡眠薬や抗不安薬が手放せないという人も多いでしょう。

 

デパス、レキソタン、ソラナックス、メイラックス、アモバン、ルネスタ、マイスリー、レンドルミンなど

 

↑に挙げた抗不安薬、睡眠薬に関しては、ネキシウムなどのPPIとの併用注意には指定されていません。そのため、併用は問題ありません。