ネキシウムの妊娠中や授乳中の赤ちゃんへの影響

妊娠中・授乳中にネキシウムを服用する際に気をつけるポイント

 

ネキシウムに限らず、医薬品を服用するのは、妊娠しているときや授乳をしているときには、気を遣っている女性は少なくないでしょう。妊娠中や授乳中に使用を禁止されている医薬品があるので、当然かもしれません。

 

こちらでは、妊娠中・授乳中にネキシウムを服用することで考えられるリスクについて説明していきますので、参考にしてください。

 

まず、確認すべきことは、ネキシウムに添付されている文章です。いわゆる取扱説明書になりますので、必ず、目を通すようにしてください。

 

妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
参考ページ:ネキシウム添付文書

 

上記の内容を、わかりやすい言葉にすると次のようになります。

 

妊活中・妊娠中は、逆流性食道炎などの症状でネキシウムを服用することで、明らかに治療効果が得られる場合だけ服用してください。

 

ということになります。

 

これだけだとイマイチわからない、と思うかもしれません。ネキシウムを服用することのリスクを、より詳しく知りたいのであれば、FDA薬剤胎児危険度分類基準を確認しましょう。この基準は、アメリカのFDA(日本の厚生労働省のような組織)が定めており、医薬品ごとに、どのようなリスクを胎児に与えるのかを記してあります。
FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性ナシ OK
B 多分危険性ナシ 多分OK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性アリ やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

「A」と「B」は、おおむね危険性はないとされています。しかしながら、「B」は、「大きな問題点が動物実験では、見られなかったのですが、人間で試験を行っていません。」との意味を持っていますので、あくまでも、「多分大丈夫」という範疇でしかありません。そして、「C」と「D」に関しては、妊娠中・授乳中に服用するのは、要注意です。

 

ここで安全性をよりはっきりさせるために、他の医薬品や成分の危険度を見てみましょう。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB トランサミン、カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC ネキシウム、ロキソニン(解熱鎮痛剤)クラリス(抗生物質)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ワーファリン

 

↑は各カテゴリーごとの代表医薬品や物質となります。

 

安全とされるカテゴリーAには、むしろ妊娠中に積極的に摂取すべき「葉酸」が入っています。また、カテゴリーBも、妊娠中に使用できる解熱・鎮痛剤「アセトアミノフェン」などがラインナップされています。

 

そして、ネキシウムはカテゴリーCとなっています。これは妊娠中に明らかに悪いとされている「ニコチン(タバコ)」や「アルコール(お酒)」よりは安全なものの、ロキソニンや抗生物質など、できれば妊娠中・授乳中に服用したくない医薬品と同程度ということになります。

 

そう考えると、妊娠中・授乳中はできるだけ避けたほうがいいと評価することができるでしょう。

 

なお、サリドマイドやワーファリンなどは妊娠中は絶対NGですが、こちらの指標でもしっかりカテゴリーX(禁忌)に分類されています。

 

妊娠初期にネキシウムの影響を受ける?

 

妊娠中・授乳中に受けるネキシウムの影響に関して説明してきましたので、不安を持たれている女性が多いかもしれません。しかしながら、ネキシウムの影響は、妊娠初期から妊娠後期のタイミングによってもかなり違いがあります。注意が必要な期間だけネキシウムの服用を控えておけば、かなりリスクを抑えることが可能です。

 

ネキシウムの影響をもっとも受けやすいのは、一般的に妊娠初期といわれています。胎児は、まだとても小さく、人間の形ができてくるのが妊娠初期です。ですから、医薬品の成分からの影響を受けやすい時期と考えられています。先ほど紹介した「FDA薬剤胎児危険度分類基準」は、基本的に妊娠2週から12週の妊娠初期の催奇形性などの毒性について評価を行ったものです。

 

ですから、生理があった日から28日間は、ネキシウムを服用しても影響を受けることはないと言えます。それは、妊娠していない可能性が高いからです。

 

つまり、特に注意が必要となるのが、排卵日以降となります。慎重を期すのであれば、排卵日から2週間程度はネキシウムの服用は控え、生理が来れば再びネキシウムを服用し、生理が来なければ妊娠の可能性があるので、そのままネキシウムの服用は控えておくとの認識でいいでしょう。この認識で、ネキシウムを服用するスケジュール管理を行ってください。

 

また、ネキシウムを服用している期間に、つわりがあって妊娠していたことに気がつくこともあるでしょう。このケースだと、注意が必要な妊娠初期にネキシウムを服用していた可能性が高いと言えます。しかしながら、あまり深刻に考えないでください。FDAの評価が「C」なので、心配になる気持ちは理解できますが、「場合によってOK」とされている医薬品でもありますし、影響があらわれる可能性はとても低いです。心配しすぎてストレスに感じることが胎児にとって、それこそ悪影響になりかねません。あまり深刻に考えずに、それでも心配なら、医師に相談しましょう。

 

妊娠中期から妊娠後期に受けるネキシウムの影響は?

 

妊娠中期から妊娠後期にかけては、胎児もそれなりに成長しており、ある程度体もできているので、催奇形性などのリスクはあまり気にしなくていいでしょう。ですから、ネキシウムを服用することで受ける影響は、かなり少なくなっている時期だと言えます。

 

そうは言えっても、ネキシウムの成分が母胎を通して胎児に入ってしまうことがありますので、「できれば服用はしない方がいい」という認識に違いはありません。しかしながら、妊婦の逆流性食道炎や胃潰瘍の治療のためであれば、医師からネキシウムの服用を指示されることはあるでしょう。

 

いずれにせよ、妊娠初期ほど気をつける必要はありませんので、用法・用量に従って服用をしているのであれば、あまり大きなトラブルが起こることは少ないでしょう。

 

なお、同じプロトンポンプ阻害薬の「パリエット」「タケプロン」については、「FDA薬剤胎児危険度分類基準」での評価は「B」となっています。妊娠中、授乳中に関しては、ネキシウムより安全性が高いという評価なので、妊娠中はこちらのPPIを使うのも手でしょう。

 

授乳中に受けるネキシウムの影響は?

 

ネキシウムに限った話ではなく、一般的に、母乳を通して医薬品の成分は赤ちゃんの体に入ってしまうことがあります。赤ちゃんの体に入る量は、ごく微量であったとしても、体が小さい赤ちゃんにとっては受ける影響は大きいことがあります。ですから、「授乳中に服用しても問題がない」とされている医薬品は少ないのです。

 

ネキシウムの場合は、服用期間が問題になります。症状に応じて、ネキシウムを服用する期間は、大きく変わります。2週間程度で服用が終わる症状があれば、服用期間が数か月に及ぶ症状もあります。短い期間の服用であれば、あまり赤ちゃんに与える影響は大きくないと言えますが、数か月も服用期間が続くようであれば、赤ちゃんへの影響が懸念されます。ですから、服用期間がどの程度になるのかを考えたうえで、長い期間の服用が必要となるのであれば、他の医薬品に変更してもらうことを検討してください。

 

そして、妊娠中に比べ、授乳中は赤ちゃんへ影響が出ているのかがわかりやすいので、対処しやすいという点はとても重要です。お腹の中にいる胎児は、目で状態を確認することができないので、対処のしようがありません。しかし、状態の変化が目で確認できる生まれてきた赤ちゃんでしたら、元気がなくなっているとか下痢をしているなどの体調の変化があれば、「ネキシウムの影響かも」と考えることができます。ですから、赤ちゃんの状態に変化があれば、授乳を控えるなどの対応をとることが可能です。

 

赤ちゃんに影響が及んでいるようであれば、母乳からミルクに変更をすれば特に大きなトラブルになることもないでしょうから、授乳中にネキシウムを服用することは、あまり心配することはないでしょう。ネキシウムの服用を中止し1日から2日経過すれば、母親の血中濃度はほとんどなくなっていますので、授乳を再開することが可能です。

 

ただし、ネキシウムの服用が、ピロリ菌を治療するためであれば、通常よりも多い用量である1日40mgのネキシウムを服用するケースが多々あります。その場合は、母親の血中濃度も当然高くなってしまうので、母乳を与えるのは控えておくことをおすすめします。

 

初乳は与えた方がいい

 

特に「初乳」と呼ばれている出産後2日目から3日目の母乳は、赤ちゃんに母親の免疫をあげるとても重要な役割を持っています。初乳でしか赤ちゃんに与えることができないといわれている免疫物質の「免疫グロブリンA」を赤ちゃんに授けるためにも、初乳はできる限り赤ちゃんに与えるようにしてください。ですから、出産予定日の2日ほど前からは、ネキシウムの服用を控え、初乳をあげられるように備えておきましょう。

 

初乳を与えることができれば、赤ちゃんに最低限の免疫物質を授けることができていますので、以降は、ネキシウムを服用している期間は、ミルクを与えても大きな問題が起こることはあまりないでしょう。